ダイエットのストレスとの上手な付き合い方

絶対に痩せる為にはストレスを上手に発散させる必要があります。皆さんも、ダイエットでイライラした経験があるのではないでしょうか。いくら絶対痩せると決めて、気合いを入れてダイエットをしていても、お腹がすいても、好きなものが目の前にあっても食べないというのはきついものでしょう。精神的なストレスが蓄積すると、全く関係ない相手や物に八つ当たりをしたり、時には甘いものや脂肪の多いものを口にしたくなります。痩せるという気力があっても、ストレスが過剰に溜まると意思が続かなくなりがちです。ダイエットのためにと食事量を減らしていた人がストレスで食べすぎると、飢餓状態にあった体はエネルギーを貯め込もうとします。カロリー制限をしていた体はカロリーをできるだけ使わないモードになっており、太りやすくなっています。せっかく絶対に痩せると決心してダイエットをしていたのに、何日も掛けてやっと減った体重が1日で戻ってしまったら、ダイエットのやる気が無くなるのは当然のことです。ダイエットを長く続けるためには、ストレスを緩和させダイエット開始時の決意を維持することです。人によってストレスの発散方法は異なりますが、時には自分への制約を少しゆるめてみるのもいいかもしれません。ビターチョコレートなら一かけOKとか、たまにだったら鶏唐1つOKとか、時々は規則を緩和することで食べたいという欲求をかなえてあげるというやり方で、ストレスを軽減することができます。ダイエットを成功させるためには食べ過ぎなければいいわけで、ちょっと食べるくらいなら大丈夫です。多少は自分に甘くても、継続してダイエットを行うことを重視しましょう。ストレスを蓄積させずにダイエットを続けるためには、絶対痩せるというモチベーションを大事にするため、時には好きなものを食べるのもいいでしょう。
伊藤潤一