温暖化と氷河期

昨今、地球温暖化と共に氷河期に突入しているという話ご存知ですか。「ご存知ですか」って書くとなんかゴシップ記事の様な雰囲気ですが。地球温暖化を防ぐために世界で二酸化炭素の排出を少しでも減らそうとしているし、その前の事フロンガスがオゾン層破壊で太陽線を防ぐ力が弱まり、降り注ぐ量が多くなる。また、他の宇宙線の刺激も増えると言う事でフロンガスが使われなくなって久しいですよね。家電で言えば冷蔵庫が代表の様な気がした。さて、氷河期と言っても二つのつくり言葉。「氷期」と「間氷期」の合体。日本には四季がありますが、この二つ凍りつく冬と水温む春の繰り返し。で、宇宙から見るとスノーボールアース。いわゆる小洒落たバーのロックアイス状態になるって事。勿論、本当に入れたら土だらけ、その後マグマでアルコールが飛ぶどころかグラスごと溶けるけどね。二酸化炭素が減る事が氷河期の序章。別に人間が減らす量なんてたかが知れてる。地球自体がその状況下を作り出している。異常気象と言っても人間の経験から言っているだけ。地球にとっては当たり前の周期。それから地球が365日かけて太陽を公転するように太陽自体も銀河を2億年以上かけて公転している。その公転している間に宇宙埃の多いところもあり太陽から地球に降り注ぐ熱線も弱まる。そんなことで氷河期がやってくる。スノーボールアース。
ミュゼ 広島