ニキビや肌荒れ、皮膚のシミ

コスメや化粧品というと、どんなものを連想するでしょうか。まず最初に思い浮かぶのは、口紅やファンデーション、アイシャドウなどかもしれません。化粧水や美容液などについてのとらえ方は、お肌の状態をケアするための化粧品やコスメというものかもしれません。

これ以外にも日本の法律で化粧品の一種とされるのは、ヘアトニックや香水、歯みがき、シャンプー、入浴剤などです。コスメまたは化粧品であるといえるのは、皮膚に体を清潔にしたり、見た目を美しくするためにつけるものだといえます。化粧品は肌に直接触れる機会が多いものが大半なので、どんな成分が使われているかが重要になります。

肌に合わないコスメや化粧品を使っていると、思わぬ肌トラブルに見舞われかねません。そのようなこともあり、薬事法という法律で化粧品にどんな成分が使用できるか、製造方法や宣伝文句について決められています。コスメや化粧品に使用される成分は、薬事法において肌への効果がゆるやかなものなければならないと制定されています。

薬でしかニキビや肌荒れ、皮膚のシミを治ことはできないので、治療を化粧品やコスメですることはありえないということなのです。それほど効果が薬のようにないのですが、肌への安全性が第一となっています。化粧品やコスメは日常的に継続して使うことが可能になっています。